まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  母の病気
tag : 
介護タクシーをお願いして入院していた病院の消化器内科へ母を連れていった。

予約時間の1時間前から再来機で受付をするシステムなので、妹に受付を頼み、介護タクシーの方と私二人で母をベッドからストレッチャーに移し車に同乗して病院へ向かった。ストレッチャーのまま診察室へ向かい受付の方に声をかけると、診察室の前で待つように言われた。(いや、ストレッチャーのまま診察室に入れるのか??)と思っていたら処置室のベッドが空いたのでと言われ移動。

ストレッチャーから看護師さんがベッドに母を移し血圧をはかる。
少し待つと主治医がやってきた。

「大変厳しい状態に見えるのですが・・。当然診断時の予後予測より下降修正となるのは私達にもわかりますが、あとどれくらいでしょうか?」と尋ねると「今夜でも、明日でも、というところだと思います」と母を“眺めて”主治医は小さな声でそう告げた。
妹が「余命は8か月程度とおっしゃったと思いますが・・。と食い下がると「がんですから、こういうこともあります」と。

ま、それはそうでしょうけど・・家族はそう思えないから疑問を感じてるわけでして(^_^;)とは言えないので
「病気がどうなっているのかを知りたいのですが、何も検査はできませんか?」と尋ねると「ここまできて検査をしても意味はないと思います。本人に痛い思いをさせてまでする必要はないです」と言われた。

ま、そんなことはわかってます・・「だけど、「がんですから・・・」で決めつけられることにはやっぱり納得はいかない。
だって、食べることを拒否したんです、飲むことを拒否したんです、退院してからずっと寝たきりの重病人状態だったんです。私たちは「ゆるやかな自殺」にしか見えなかったんです。だから、退院して10日の時点で、早めに一度診て下さいとお願いしたじゃないですか。訪問看護師さんからも早めに一度診てもらいましょうと提案されたんですよ。全部、断ったられたじゃないですか、必要ないと予約日を待つようにという指示だったじゃないですか。私達家族は一生懸命訴えたじゃないですが、ちょっと普通の人とは違う行動をすることがある人なんです、精神面の評価をしてほしいんです、身体じゃなくて心の病気がこんな状態にしているんじゃないかと思ったからちゃんと「まずは身体を診て」欲しかったんです。」

と、これは全部心の中で叫んだだけで実際には言ってませんので読んだ方ビックリしないでくださいね(^_^;)

実際に先生に言ったのは「わかりました。連れて帰って家で看取ります。お世話になりました。」とだけ。

今更辛い状態の母を病院まで連れていくのは酷だったのはわかっている。酷いことを母にしていることも分かっていた。

だけど、せめて一度だけでも退院後の母を診て欲しかった。退院時からたった数日でほぼ寝たきりになっている母を診てもらいたかった。ちょっと常軌から外れているように見える母の状態を医療で判断、評価して欲しかった。だから、こういう患者もいるんだってことを知ってほしかった。

私達が望んだことは、そんなに難しい手の届かないものだったんだろうか・・。



関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/695-3760175c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク