まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  母の病気
tag : 
今日も仕事を休み、母の介護。

朝食後にお腹が痛いとひと騒ぎ。痛みが1でも5でも、10痛いという人なので本当のところが計れない。カロナール頓用を飲ませ唸り声を上げ続け転がりまくる母の腰をさすりながら「早く薬効いてくれ」と祈るような気持ちで収まるのを待った。ガスを数回出すとピタリと騒がなくなった。

母の痛みの訴えは可哀そうという気持ちが持てないほどの激しさだ。それは、今回の病気になるずっと前からそうだった。風邪でも便秘でも救急車を呼ばなければならない事態が起きているのか??と思わせるような痛みの訴え方なのだ。だから、迷うし戸惑う。

訪問看護師さんと相談し、往診の先生をお願いすることになった。すぐに手続きをすると言ってくれ心の中で手を合わせた。

ベッドの搬入と設置の間、同じ部屋で死んだように転がって無反応だった母だが、設置が終わりベッドに横になると途端に機嫌が良くなり、別の人かと思うほど話し始めたのにはびっくり。3時間後、今夜在宅緩和ケアのクリニックの先生が往診に来てくれるという連絡をもらい、母に伝えるとさらに機嫌が良くなり、積極的にあれこれ話を始めた。やれやれ・・

母は、よく言えば気分屋。ちょっとでも意に沿わないとえらいことになる。半端ではない気分屋。周りを振り回す人だ。だから、ずっと顔色を見ながら自分が傷つかないために気を付けて気を付けてふるまってきた。

20時を過ぎてから往診医の先生が来てくださった。噂通り、気さくできびきびした先生だった。母の診察をし、痛みや苦しみは全部取るから!と言われ、母は本当に安心したようだ。先生の手を握り涙ながらに語る母を見てると「あれ?私達が何十年も見てきた人ってこのひとだっけ?」と心の中で毒づく私のほうがおかしいのか?(^_^;) ま、予想通りの展開だ。

もちろん、がんと診断されたこと、治療はできないこと、治らないこと、ただの1ミリも自分には起こらないと思っていた母にとっては大打撃のことだっただろう。不安で不安でたまらないこともわかる。だけど、そのアウトプットの振舞いは周りをあっという間に疲弊させる。これだけは、家族にしかわからない母のひとつの顔なんだと思うしかない。

でも、良かった。在宅の先生の登場で母の気持ちが変わり私達の疲弊や荒む心が緩和されたことも事実。、ありがたい。ありがたいどころか私達にとっては救命救急を受けたくらいの助け舟。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/689-5d1bac29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。