まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 
大切な人が、がんになった時、一番良い治療を受けさせたい、治って欲しい。そう思うことは当然だろう。

医療は、膨大な数のデータを基に、もっとも可能性が高いと思われる治療を提示する。でも、それが、本当に「その人に」効果があるのかないのか、それは実のところやってみなければわからない。

患者会で、がんの相談を受けているが、「これは効きますか?」という質問をしばしば経験する。「絶対に効きますよ!」・・そう言ってさしあげることができたら、どれほどこその方の気持ちが楽になるだろう、自分の気持ちも楽になるだろう・・

でも、言えないのだよ。何ひとつ確実な未来は約束されていないのだから。たとえ、医師であっても、「絶対に大丈夫、絶対に効く」とは言えないだろう。「わからない」ことが前提で、それでも納得して治療を受けてもらうことは医師にとってとても難しいことだろう。けれど、人は何らかの希望を持っていたいと願う。

医療に確実なものが見えない時、希望が約束されない時、普段なら鼻で笑うような怪しげなものに走ることも無理からぬことだと思う。でも、そういう人の苦しみにつけこむような商売だってたくさんある。

「わからない」ことをただ否定的に捉えるのではなく、「わからない」のが前提だと理解していなければ・・・そう思うけれど、それは苦しいことに違いないだろう。

「絶対に効きますよ!」・・・・そう言えたらこんなに落ち込まずにすむのだろうか・・・
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/59-d81bb3a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク