まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  医療・健康
tag : 

「あなたの病気はがんです。かなり進行していて治すことは難しいので緩和ケアをお勧めします」

ある日突然、こんなふうに医師に告げられたらどうするだろう。

こんな場面に自分が直面することを想像し、大切な人、失いたくない人がこう言われたらどうしようと、私は幾度も考えてきた。それは、ずっとずっと昔から何度も繰り返し続けている自分への問いかけだ。

実際に、余命を含めた父のがんの告知を私一人で受けた時、それまで考え続け自分なりに勉強してきた知識や、集めてきた情報をもとに、さまざまな選択をどうにかし続けていった。もちろん、こころは破れそうに苦しかったし、ひとつひとつの選択はどれも苦渋の選択だったけれど、相談できる場所もあったし、支えてくれる人がたくさんいたから、あの辛さに耐えられたと今も思っている。

だけど、ある日突然想像もしていなかった厳しい現実を突き付けられたショックや不安を聞いてくれる人もなく、相談できる場所も見つけられなかったとしたら、私たちはどうしたらいいのだろう。医療では希望のかけらさえ見つけられなかったとしたら、根拠のかけらさえない怪しげなことに望みを見出そうとしてしまうことだってあるだろう。

だからといって、だ。

嘘でもいいから、治ると言ってくれる人がいれば信じたいと思う気持ちに付け込んで、がんに効くなどと高価なものを売りつけたり、そっちの病院は方位が悪いから行っちゃだめとか無責任なことを言ったりするのは本当に許しがたい。

許しがたいとは思うけれど、それを信じることでしか辛い現実の前に立っていられない患者や家族がたくさんいることも確か。せめて、診察室を出て病院の玄関から出る前に、受けた衝撃の大きさを分かち合ったり、支えたいと願う人と出会える場所があってほしい。拠点病院に設置されているすべての相談支援センターがそういう場所であってほしいと思う。
関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/530-f52d4a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。