まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 
数日前の読売新聞に、緩和ケア病棟に関する調査が載っていた。


「国立がんセンターがん対策情報センターのホームページに掲載の全国の主な緩和ケア病棟195施設に診療実績などをアンケートし、154施設(回収率79%)から回答を得た。1施設当たりの平均病床数は20床。年間入院患者数は平均142人で、平均入院期間は42日間だった。

アンケートでは、再入院を前提に一時的に自宅に戻った患者の割合を示す「一時退院率」を聞き、一覧表に加えた。平均は9・8%。20%を超える施設も20施設あり、差がみられた。」
―読売新聞平成21年3月30日朝刊掲載記事より抜粋―



平均42日間というのは、意外に長いなと私は思った。緩和ケア病棟といっても大きく分けると、いわゆる「ホスピス」と「在宅支援を目標とする一時的な入院施設」がある。例えば、自分の通っている病院や地域の病院にある緩和ケア病棟が、後者だった場合、症状緩和のために入院して落ち着いたら自宅で過ごし、できれば自宅で最期を迎えたいと願うなら希望をかなえてくれる緩和ケア病棟ということになる。でも、そうではなくて、いろいろな理由や考えで、自宅ではなく病院での療養や最期を迎えたいと願うなら、自分の病院に緩和ケア病棟があったとしても、別にホスピスを探さなくてはならなくなる。
記事では、一時退院率には施設間の差があるとしているが、それは当然なわけだ。一時退院率が低い施設が、家に帰りたいのに帰してくれない緩和ケア病棟というわけではありませんと、注釈あっても良かった気がするよ。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/482-ff3ad7b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

突然ですが、ちょっと趣向を変えて第一弾。

ロハス,メディカル,治りたい,治したい,患者,ブログ,HP,医療関係者,医療制度, Lohas Medical ロハス・メディカル ブログ2009/04/12 05:55
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク