まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 
福岡大学医学部が2009年度から、弁護士を研究職の教員として採用するという。

病院で何かトラブルがおきたとき、病院と患者側双方の意見を聞き調整をすることが目的のようだ。医療訴訟は年々増えている。トラブルが起きたときの病院側の対応や双方の認識のズレなどが感情的しこりとなって問題を大きくしていることも多い。中立的な立場で双方の意思疎通をはかったり問題を整理する医療メディエーターという新しい役割も注目されている。

この弁護士の役割として期待されているのがメディエーターと同じものかはわからないけれど、この方は薬剤師としても10年ほど病院勤務を経験されているというから医療のこともよく理解されていることと思う。

医療にまつわる問題を医療者だけで解決するのではなく、いろいろな立場や専門家も交えて考えていくことはいいことなんだと私は思う。

関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/452-69bc9a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク