まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

全国のがん診療拠点病院は現時点で286箇所。

そのすべての施設に相談支援窓口を設置することが義務付けられている。先日公開された映画「象の背中」のスチール写真の周りにその相談支援窓口の一覧がグルリと書かれたポスターが地下鉄駅構内に掲示され、拠点病院にも送付されている。

肺がんで余命半年を宣告されたサラリーマンを役所広司が演じている。原作は秋元康さん。

で、観てきた。

やっぱり、こうくるか。というのが感想。

観てない人にあまりネタバレしてはいけないけれど、死を間近にした弟に残る兄が語る場面がある。死に行く弟が兄にひとつだけお願い事をする。けれど、兄は、「だけど、その人はおまえが死んだ後も生きていかなくちゃいけないんだよ」と諭す。父の遺言を聞かされ自分より先に死ぬ弟の遺言まで聞かなければならない立場を「長男ってやっかいな立場だよな」とつぶやく兄。

「だよね」と、スクリーンの中で兄を演じている岸辺一徳さんに向かって心の中でつぶやいた。

当事者は死がゴールかもしれないけれど、残される人はそのゴールがまた新しいスタートでもある。その新しいスタートは、失った人の重荷を背負って生きることであり、失った悲しみをずっと持ち続けて生きること。

「その後」を生き続けていく「遺族」という立場の一人でもあり、長男ではなけれど、長女というやっかいな立場でもある私も残されて重荷を背負っている一人だけれど、いつか、私の重荷を、残していく誰かに背負ってもらう日は必ず来る。その重荷ができるだけ小さなものであるようにその日までちゃんと生きていかなければ。

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/359-f4fd9929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク