まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

ま、今更・・・だけど、一応書いておこうかね、私見をさ。

OSCEの医療面接のSPをやったわけだけど、頭痛を訴える59歳の女性患者という役で5人の医学生を担当した。

与えられるのは10分間。その中で、患者の訴えを十分に聞き、鑑別診断のための情報を聞き出さなくてはならない。模擬患者はシナリオに従って、質問の仕方、ないようによって適切に答えなくてはならない。

まじめに医療面接の授業に出ていただろう学生と、たぶんサボってたなという学生は、面接の運び方で、判別できる。制限時間の中で、患者に不快感を与えず、十分に話を聞いてもらえたという満足感を与えながら、なおかつ、医療者にとってはもっとも重要な医学的情報を的確に聞き出すなんてことは、よっぽどインタビューの計画をたて、シュミレーションしておかないとかなり難しいと思う。

実際の場面だったら、どんなにインタビューがヘタだったり、ヤな感じの医者であっても、自分の身体を守るためには、診断に必要な情報はこっちから完璧(?)に伝える自信はあるし、そうするけど、OSCEはそうはいかないからね。いじわるするわけじゃないけど、あ~あ、この項目を聞かないと診断できんだろとか、この訴えがあれば、この随伴症状の有無の聞き取りは必須だろうとか、思っても、知らん振りするわけだ。

ということから、考えれば、よくある主訴、例えば、頭痛でも腹痛でも、必ずこれとこれの有無は聞かれなくても伝えたほうがいいよっつー虎の巻作ったら便利かも。

誰が作るのよ(笑)

関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント

作ってください
売れますよ。
2007/03/11 14:46URL  わし #-[ 編集]

わしさま
それが、なかなか難しいわけです。

なぜなら、「聞いたこと以外に答えなくてよろしい」というDrが思いの他たくさんいらっしゃることが最近判明致したのです^_^;

ま、なんでもマニュアルってのも、なんだかなぁ・・・と実は思うわけです。
2007/03/11 23:31URL  まゆりん@管理人 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/287-0e402051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク