まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

がん診療は、国立がんセンターをピラミッドの頂点に見立てれば、その下層に都道府県がん診療拠点病院がおかれ、さらにその下層に地域がん診療拠点病院に認定された病院群が位置するイメージ。

病院同士の連携、病院と診療所の連携を図り、がん医療がひとつの病院だけで完結するのではなく、診断、急性期の治療、経過観察やフォローアップ、ターミナルケアと、がんの病状や進行に沿って一人の患者をサポートする体制を目指している・・・らしい。どこのがん診療拠点病院も地域医療連携の構築が急務だ。

がん診療拠点病院はその急性期の患者の治療に当たり、フォローアップは地域の家庭医に担ってもらうというのがこれからのがん診療の目指す形を国は考えているわけだが、それが必ずしもすべての患者のニーズを満たすとは思わない。信頼できる主治医に診断から治療、ときにはターミナルまでずっと診てもらいたいと願う人も必ずいるわけだ。

がんに罹患する人は年々増え続けているし、治療の進歩でがんを持ちながらも長期間のコントロールが可能な人が増えている。けれど、病院と言う受け皿は増えてはいない。むしろ、医師不足、看護師不足は深刻だし、医療に対するあまりにも高過ぎる要求と医療不信に現場の医師たちは疲弊し、医療崩壊の危機を指摘する声も増えている。

予算がない、人がいない医療の中で、私たち医療を受ける側も真剣にこれからの医療を考えなくてはならないし、望ましい医療を手に入れるために負うべきリスクを引き受ける覚悟も問われている。

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/257-be7b3f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク