まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

ヴィトンだ、プラダだ、という話ではない(~_~;)

私の通っている病院は、地域がん診療拠点病院の総合病院だ。がん専門病院ではないけれど、自宅からは近いし、子供もそこで生んだし、がん発病以前からずっとお世話になっている病院だ。

半年に一度の通院のたびに、あれこれ変わっているところを発見してがんばってるなぁとうれしくなる。地域連携や患者の相談窓口の設置、意見箱に入れられたものに対する返事の掲示などにも早くから取り組んでいる。

乳がん専門医と看護師さんのマンマチームが診療だけでなく患者サポートをしている。以前から、1年に2回、乳腺の患者さんが集まる会を開催し、勉強会や音楽会を催しているし、入院中に簡単に作れるパットを看護師さんと患者さんが一緒に手作りする活動もしている。

病院の外で探さなくても、自分が治療を受ける、受けた病院でこういう催しがあれば参加しやすいし、心強い。同じ病気を抱えて生きる仲間たちとの交流も大きな力になるだろう。

症例数や手術件数などが一番わかりやすい指標として病院ランキングが大流行ではあるし、国立とか県立とか大学とか、そういう病院が「良い病院」に違いないと思っている人も多いわけだ。

「良い」の基準や指標は人それぞれだから、それはそれで良いと思うし、初発の治療ならガイドラインに沿った治療をきちんと提供してくれるなら必ずしも専門病院でなくても良いと私は思っているわけだ。

テレビや新聞でスーパードクターが取り上げられればそこへ全国から患者さんが殺到するという。脳内出血や心臓手術など緊急性や手術そのものが生死に直結する場合は、病院の力、医師の力、技量に左右されるだろうから、私だってそういう技術や治療が必要な場合は飛んでいくかもしれない。

再発がんである程度エビデンスのある治療をすべてやっても困難な状況になった時はイレギュラーな治療をしてくれる病院を探すかもしれない。でも、初発のがん治療においては、何が何でも有名な病院、有名な医師とは思わない。どこでも良いというわけではないけれど、ブランド志向で病院を選ぶことは、たぶん、ないだろう。

もちろん、私の住んでいる地域の中に、私にとっての「良い病院、良い医師」がいてくれたという幸運にはただただ感謝のみなのだけれど。
関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/251-af47555f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク