まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

今時、がんの告知なんてことさら話題にするようなことでもないわけだけど・・・。

何かちょっとした病気や怪我の治療の過程で偶然にがんが見つかたとする。がん専門病院や大学病院などではなく、地域の総合病院などでは、本人ではなく家族に先に伝えるということはめずらしくない。

そして、家族が本人へ告げることを拒む場合だってまだごくごく普通の感覚だったりする。

医師から提示されるままにがんの手術をすることも別に特別なことではなかった時代が長く続いたけど、さすがにこの頃ではセカンドオピニオンを知っている人も増えたから、より良い治療はないものかと情報を求めたりもする。

ところが・・・だ。セカンドを求める場合は、専門病院や大学病院のがん専門医ということになる。そして、そういう施設は、ほぼ100%本人への告知があたりまえだから本人の承諾なしに家族だけでセカンドオピニオンを受けることが難しい場合もある。
あるいは医師のポリシーや信念だったりもする。

がんの治療は決して楽ではないし、必ず良い結果が得られる保証もない。また、病状の推移によってその都度何らかの選択が必要になる場面に何度も出くわす。

医療との長い関係が続いていく。

当然、「信頼関係」ということが重要視されるだろう。
病名を隠したままでは、真の信頼関係は作れない、それはおそらく「正しい」

私だってそう思う。それは「正しいがん医療の基本」だと。


でもね、患者側にだって間違っているかもしれないけど、それぞれの事情や背景があるわけだ。
個別性なんだよね、価値観も。

せめて、本人には告げたくないという「その時」の家族の気持ちはまず受け止めて、そして、少しずつ理解を求めていくことはできないもんだろうか。

段階を踏んで、「正しいがん医療の基本」に家族の気持ちを引き寄せていく、そんな時間はとれないものだろうか。

私の参加している患者会ではさまざまな立場の方からの相談をお受けしてきた。「告知すべき」とか、「本人が知らないところで話は聞けない」そんなことは絶対に私たちは言わない。時間をかけ、段階をふみながら一緒に「その人たちにとっての正解」を見つけていく作業をこつこつとするだけだ。

家族だけでこっそりセカンドを受けても、いいじゃないかと思う。最初はそれでいいじゃないかと思う。話を聞くことによって、気持ちや考え方が変わる事だってあるだろう。次には本人を連れてくることができるかもしれないだろう。

正しいことがいつも人に優しいとは限らない・・・ような気がするのだよ。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/163-c0ee8154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク