まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

がんという言葉を聞くと、誰しも「怖い」とか「死」とか思い切り真っ暗な闇に囚われる気がする。

がんという言葉そのものが、暴力的でさえある。

「特別な病気」という印象を持っている人がほとんどだろうね。ま、私もある意味そうなんだけど・・・

でも、ほんとはすごくありふれた病気なのだよ。自分だけじゃなく、身近な周りを見渡してみると、がんという病気とまったく関わりをもったことがないという人はそういないんじゃないかな。おじいちゃんがとか、知ってる人がとか・・・。

私が、ある意味特別と思うのは、矛盾に満ちた不可思議な病気ってこと。病状の深刻さと身体の自覚が必ずしも一致しないし、病気がかなり進行してからでないと身体の自覚がなかなかないもんね。
病気そのものによる苦痛より、むしろある時期までは、治療による苦痛がはるかに勝ってしまうおかしな病気でもある。

がんになるのは、怖い。そう思っている人は多いし、私だってそう思う。(一回なっちゃってるけどね(^^ゞ)もちろん、「死ぬこと」を意識しなくちゃならない病気だってこともあるけど、その「死ぬこと」を自分的にはどこも具合の悪くない今、意識しなくちゃならないってことが恐怖だし、なんか、理不尽だよね。

検査の結果待ちの今、いろいろ考える。クロという結果が出たときのことも当然考える。想定以上に悪い結果が出る事だって覚悟してなきゃならない。まさか、自分が・・・とか、自分に限って・・・なんてことは、もう考えられない。むしろ、どんな悪い結果が出たってちっともおかしくはない。それが「がん」という不可思議な病気だからね。

結局、想定外なんてないくらいの想定をしてしまうことになる(苦笑)
やれやれ、やっかいな身体を持ったもんんだね~とほほ。



関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/tb.php/150-026f59c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク