まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

山梨県で富士吉田市立病院が、がん診療連携拠点病院から撤退を余儀なくされていると報じられた。

地域拠点病院は、2次医療圏に1カ所程度を設置することになっていて、山梨県には4つの医療圏があり、富士吉田市立病院は、富士・東部医療圏にある唯一の地域がん拠点病院だったという。拠点病院の指定要件のひとつである放射線治療のための整備の予算計上を市が見送ったため指定要件を満たせないことになったという。

がん医療の均てん化を目指して設備やスタッフを充実させて全国どこでも質の高いがん医療を受けられるというのは確かに理想だし、目標として目指していくものだとは思う。だけど、それにはとにかくお金が必要なわけで、じゃぁ、十分に医療整備のためのお金が用意されるかというとそうでもない。

もちろん、拠点病院でなければがん治療ができないわけでもやってはいけないわけでもないから、これまでどおりこの病院でも質の高いがん医療の提供の努力は続く。だけど、拠点病院の指定を受けていることが、患者が安心してがん治療を受ける病院選択のひとつの指標だとするならば、指定の取り消しは痛いんじゃないかとも思う。大きなお世話ではあるけれど、放射線治療体制の整備が更新時に間に合わないという理由で撤退しなければならないことも残念に思う。

その施設で放射線治療が受けられなくても、たとえば同じ医療圏や隣の医療圏に放射線治療設備が受けられる医療機関があれば、そこと連携して地域でがん医療を分担して行うことではダメなんだろうか。富士吉田市やその周辺医療機関にそういうところがあるかどうか、調べたわけじゃないからなんとも言えないけど…。指定要件を満たせないならそれに代わる仕組みを作る、ひとつの病院で完結しないなら他と協力体制を作るのでもいいような気もするけど…。

いずれにしても、たとえ拠点病院を返上しても、この医療圏に住む人たちがこの病院でこれまでどおり安心してがん治療を受けることができますように、と思う。





テーマ: - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク