まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  医療・健康
tag : 

産婦人科医が逮捕拘留されるという衝撃的な事件について本日無罪判決が出た。

この産婦人科医逮捕をきっかけに医療崩壊という危機的状況が加速したとも言われている大きな出来事だった。何度でも言うが、亡くなられた方や残されたご家族の無念や哀しみには心から哀悼の意を表するし、この裁判までの日々もそしてこれからも辛い日々を送られるであろうことを思うと、ほんとうに胸が痛む。

裁判を通して、なぜ自分たちの大事な家族が死ななければならなかったかを明らかにしたいとうお気持ちがあったとするなら、それを否定も非難もするつもりはない。


ただ、それとは別に、この不幸な出来事が医師の不注意や過失が引き起こした結果だったのか、それとも医療の限界だったのか、それをきちんと医学的に検証してほしいと私は思って事件の行方を見てきた。

予見は不可能であり、医療は妥当であったという判断が下されたということだろう。残念だけど医療はまだ万能ではない。医師の判断や技量が生死を分けることだってきっとあるだろう。けれど、決して万全ではない環境の中で自分のできる限りのことをしたであろうこの加藤医師の行為を「罪」だと私は思えなかった。この患者さんが助かっていたら、もしかするとこの困難な状況で命を救った「神の手をもったドクター」と称賛されたのだろうか。それとも、結果は吉と出たけれど、予見できずに医療行為をこの環境で行ったことについて同じように逮捕され罪を問われたのだろうか。たぶん、それは無いはずだ。この医師が行った医療そのものの是非を問うならば、結果には関わらず問われるべきだっただろう。


このまま決心となるのか検察側の控訴となるのかはまだわからないが、今後の成り行き次第で、ご遺族がさらに辛い思いをされることだけはないようにと祈るばかりだ。

この事件についての詳細、これまでの流れなど知りたい方は、ぜひこちらのサイトを訪問してみてください。→ 「ある産婦人科のひとりごと

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。