まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

手術、化学療法、放射線治療が、がんの3大療法と言われている。

たくさんの患者さんや家族の話を聞いてきたけど、最近特にホットな話題が、「免疫療法」だ。
免疫療法といっても民間療法から高度先進医療として提供されているものまで多種多様。
共通しているのは、NK細胞など免疫を司る細胞類の数を増やしたり活性化させてがん細胞を攻撃するということ。

試験管レベルで、免疫細胞がある物質によって活性化しがん細胞を食べちゃうなんて映像を見ると、おおぉ!!と思う・・・人は多い。

ただ、実際に人間の身体でまったく同じことが起こるかというと、微妙だろう。というか、免疫だけでがん細胞を壊滅させるというのは現実的ではないだろう。

手術は、物理的にがんを取りのぞくけれど大切な臓器の一部または全てと引き換えの治療。化学療法は、がん細胞を攻撃すると同時に正常な細胞にも強い影響を与える。放射線治療も同じくがん細胞を叩くけれど急性期障害や晩期障害を引き起こす。

3大療法はどれも、がんを治す、あるいはコントロールすることと体力や後遺症とのバランスを見ながらメリットがあると判断しなければならない。

ところが、免疫療法はもともと身体にある「免疫」を活性化させるのだから、3大療法に比べてはるかに身体に優しいというのが、一般通念だろう。身体を痛めるのと引き換えにがんを抑えるこれまでの治療でも、がんをすべて完全に治すには至ってはいない。

まして、がんは多くの場合、何の身体的不都合などない状況で見つかり、治療によって苦痛がはじまる。免疫療法という優しい治療でがんを治せるならと思う人が多いことは当然かもしれないが、免疫療法が3大療法と肩を並べて4大療法といわれるのはまだ先のことかもしれない。

免疫療法にチャレンジするのを否定はしないけれど、せめて、高度先進医療として行われている治療を選択したほうが良いと思うが、すべての人が適応になるわけではなく、それが受けられる人は病状も費用のことも含めて一部の人。

患者は「治る」と言う言葉と「免疫」という言葉に弱い。つい最近、テレビで免疫療法を紹介している番組を見たある人が、「免疫療法でがん細胞が次々に壊れていく。こんな素晴らしい治療なら3大療法はもう必要ない」と言っていた。

それは過大な期待だろうと私は思う。

残念だけど、今あるどんな治療も完璧なものはなく、すべてのがんを治すことはできない。できないけれど、現時点でおそらく一番効果があるだろうという根拠ある治療を中心として、3大療法を組み合わせながら治療するのが今のスタンダード。

免疫力は低いより高いほうががんに限らず良いに決まっている。いわゆるエビデンスのない免疫療法を取り入れるなら補完的に考えること、廉価であること、無理なく続けられること、というのが私の今の考えなのだ。

ちなみに、私の免疫力アップの元は・・・笑うこと、楽しいことを夢中になってすること・・かな。







テーマ: - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク