まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 

20日に厚生労働省で第1回がんに関する意見交換会が開催された。
行政、医師に加え、患者会代表が2人、マスコミからはがん体験者でもある読売新聞の本田麻由美さんが委員会のメンバーとして選出されている。

行政庁提出資料説明が長々とあり、その後それぞれの立場からの意見発表があり実際の議論はちょっと時間的には少なかったのだけれど・・・。

誰もが何が問題であるかはわかっているわけで、じゃ、それを実際にどうやって、何からやろうかということだと思うわけだ。その優先順位をまずつけて、ひとつずつそれを実現するための具体論を積み上げていくっきゃないだろうね。とはいえ、それぞれの立場による優先順位もあるし、医療崩壊も含めて大変な問題が山積している中でがん医療だけ充実させることが可能なんだろうかとも思うし。

概ねまずは情報ってことだとそれは両者で一致しているように思うけれど、その情報の受けて、つまり対象者をどこに設定しているかは疑問。
がん情報センターは、医療格差解消のための第一歩として標準治療が全国どこでもきちんと受けられるように医療者患者双方に向けて情報発信することが最優先の役割と言うし、一方患者会側は、そんなことは当たり前でその先にあるものを要求する。医療格差があるように、患者の知識レベル情報収集レベルにも格差がある。医療者がそのレベルを一番低い、けれどたぶん一番多い人たちを対象にしているのに対して、知識情報レベルの高い患者層からの高度な知識情報の提供要求なわけだ。

対象をどこに設定するかによっても、具体論は違ってくるわけだし難しいね。


第2回は12月という。学会や患者会からのヒアリングが今後予定されている。どんどん意見を聞いて・・・ますます混乱??にならないことを祈るね。


雨の中でかけていったわけだけど、事前の傍聴申込みで患者会等の団体からは1名ずつとお達しがあり、ま、私が代表で行かせてもらったわけだが、行ってみたら傍聴席は空席がたくさんあるじゃないか。
なんだよ(-"-) どういうことよ、まったく。

テーマ: - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク