まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  医療・健康
tag : 
NHKハイビジョン特集 百万回の永訣~柳原和子 がんを生き抜く~

がんサポートキャンペーンでお世話になったディレクターから試写会への誘いをもらったのは一週間ほど前のこと。仕事の休みをもらい渋谷へ出かけた。柳原さんからも今朝メールが届いた。「私は勤め人なんだよー、当日はないでしょう」と文句を言った(笑)

再発後、抗がん剤、手術、ラジオ波、放射線、彼女が受けたのはどれも過酷な治療だ。がんという病気そのものがもたらす苦痛は、身体ではなく心にのしかかる。体の苦痛は治療の副作用や後遺症。矛盾している、どこまでも矛盾している、がんを考えるとき私はそう思う。

佐原での手術の日、行って来るね~と手を振って手術室に消えた彼女は、その部屋から出てきたときは真っ青な顔で眉根を寄せて苦痛に耐えていた。病気そのものではなく、手術という治療によって彼女の身体は苦痛を与えられて帰ってきた。涙が出た。

試写会場の大きなスクリーンの中に、苦悩も悲しみも恐怖も希望もありのままに映し出されていく。もしかすると、もう自分では記録し続けることができなくなるかもしれない・・・そんな思いからほんとうは嫌いな被写体となってカメラの前に自分をさらけ出してきた。その思いを知るスタッフはこの人を3年間追い続け記録し続けた。

メディアの医療に関する報道には、批判的な立場の私ではあるけれど、メディアに期待していることはとても大きい。患者と医療者を敵対の構図ではなく、橋を架ける役割を担えるのがメディアじゃないかと思っている。この番組を作ったスタッフたちはこれからの医療報道をどんなふうに作り続けていってくれるだろう。作り続けてほしいと心から願う。

集学的治療とか、チーム医療とか、まだまだ一般的には手の届かない餅だけど、柳原和子だからできたとも言われるだろう。では、他の人には絶対にできないことだろうか・・・。
ひとりの患者が医療者をつないでいく過程をたくさんの人に見てほしいと思った。患者も医療者も、がん医療を志す若者にもぜひ見てほしい。

NHKさん、ノーカットで総合テレビで放送してくださいませ<(_ _)>


テーマ: - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク