まゆりん気まま日記

医療ネタ中心ですが、日々思うことや心のアンテナに引っかかったことなど、 気ままに綴っています。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  医療・健康
tag : 

富山県の病院で、医師が患者の人工呼吸器を外し死に至らしめたということがわかり、警察が殺人容疑で捜査に乗り出したという記事が大きく新聞に出た。「尊厳死」だと、この医師は主張しているという。

リビングウィルという尊厳死の宣言書を登録、保管、証明する尊厳死協会がある。回復の見込みがなく耐え難い苦痛などを取り除くことができない状況になった時、一切の延命知慮を拒否することを文書によって意思表明しておく人は年々増えている。

私自身、命の期限が目の前にきたとき、ほんのわずかその「時」を延ばすだけのための措置は望まない。治癒の見込みがなく苦痛にさいなまれるのであれば、セデーションで鎮静させてほしいと思うし、早く楽にしてほしいとも思う。

以前は、生きる手助けをする医療があるなら、楽に死を迎える医療も提供してほしいと安易に考えてもいた。

「安易に」というのは、どういうことかというと、自分が楽になるために「してほしい」ことをただ望んでいただけで、それを「行う」人=医師の胸のうちについて考えたことはなかったということ。

養老猛司氏の著作の中に、
「安楽死を行う医師側の気持ち」について述べた文章を読んで、頭をガーンと殴られたような気がした。
薬剤を投与したり、呼吸器をはずしたり・・・そういう具体的な行動によって患者を安楽死させた側の心を考えたことは無かった自分にはじめて気づいた。

患者自身がはっきりと安楽死を望んだとしても、それを実行することで人の命が終わるという行為に対して、医師がなんの感情も持たない、あるいは、良いことをした・・・ほんとうにそう思えるだろうかということを考えた。

例えば、人工呼吸器をはじめから装着しないという行為と、一度装着した呼吸器をはずすという行為では、結果は患者の望みどおりだったとしても、それを行った医師の気持ちには大きな違いがあるのかもしれない。いや、あるだろう・・・そう思う。

私には、今回の医師を非難することも評価することもできない。この医師を知る患者さんたちは「とても良い信頼できる医師」だと評価しているという。患者の心、家族の心に寄り添えば寄り添うほど、願いをかなえる術を持つものはそれに応えてあげたいと思うだろう。しかし、その結果、殺人罪を問われることになりかねない。それも承知の上でこの医師は人工呼吸器をはずすという「積極的安楽死」を7人の患者に行った。
「これは尊厳死だ」そう話しているという。

自殺幇助にあたる積極的安楽死と、尊厳死と考えられる消極的安楽死、世間の受ける印象も違うだろうし、何より家族や関わった医師の心に残るものも違うのかもしれない。

その2に続く・・・はず

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

FC2ブログランキング



人気ブログランキング

励みになります。 クリックして下さるとうれしいです

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去の記事一覧
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。